注意点を知ってからブライダルフェアに参加しよう

結婚に向けての準備

検討する際に注意すること

新郎新婦

人生におけるライフポイントである結婚。
結婚式場を決めるのも大切なことです。
今は気軽に参加できるブライダルフェアが沢山開催されていますが、ブライダルフェアに行く際の注意点も沢山あります。
ネット等で見て良いと思った所に行くと思いますが、行く前、行った先での注意点をいくつか挙げていきます。
結婚は1人でできるものではありません。
まず、行く前に2人の意思疎通を図りましょう。
会場の雰囲気なのか料理なのか等優先順位を決め、その優先順位が高いものを押してブライダルフェアをやっている会場に行くようにしましょう。
例えば、料理にこだわりたいのに試食会がついていないプランのフェアに行っても仕方がないです。
事前に確認するようにしましょう。
質問する内容を紙にまとめておくのも、聞き忘れ防止になるので良いかもしれません。
次に着ていくものです。
なるべく動きやすい格好で、ドレスの試着が体験できるところもあるので着替えがしやすいと尚良いでしょう。
カメラを持っていくのも注意点です。
今はスマートフォンがあるので大丈夫な方もいますが、持っていないのであれば会場の雰囲気を覚えておくには必須でしょう。
行ってからの注意点としては、お酒を飲みすぎないようにしましょう。
酔っ払ってしまうと気分が高揚し、普段よりも会場が良く見えてしまいます。
飲み過ぎには注意しましょう。
最後に気をつけるのが、その場で契約しないことです。
良く、ブライダルフェア中に契約すると安くなるプランがありますが、結婚式は人生で1度の買い物です。
家に戻ってじっくり考えてから決めるのが良いでしょう。

確認する事を整理する

教会

ブライダルフェアは結婚を意識した2人が訪れるもので、装飾された会場を見たりして結婚式のイメージを持てるところです。
このブライダルフェアでは、婚礼料理の試食会があり、実際に出す料理を味わう事も出来る上、試着会もありウェディングドレスを実際に着てみて写真を撮る等、イメージを持つことが出来ます。
さらには会場コーディネートや模擬挙式も経験出来るフェアもあります。
ブライダルフェアではその場でウェディングプランナーに値段をはじめ気になった点を相談できるところも大きな特徴です。
相談する事で結婚式の一歩を踏み出す事が出来ます。
まずブライダルフェアでは演出や装飾などはすべて最上級のものを使っていますが、個別見積もりをお願いした場合には要望をしないと最低限の見積もりしか出ません。
このギャップがあるところは注意点となります。
この最低限必要な見積もりから徐々に必要なものを加えたりグレードを上げていき、理想の結婚式に近づけます。
またブライダルフェアではこのように相談を受け付けていますので、事前に予約が必要なところも注意点です。
他の注意点として、最近はブライダルフェアは複数まわるカップルが多くなっていますが、1つにおよそ3時間から4時間はかかりますので、同日に複数回る場合は時間管理が重要です。
フェアで確認すべきところは多々あり、ロケーション、料理、会場装飾や設備、ドレス&ヘアメイク、写真や映像等様々な点があります。
また料金支払い方法等についても確認が必要です。
せっかくの結婚式を成功させるためにもプランナーとの相談で注意点等を明確にしておく事が大切です。

試食会や模擬挙式で体験

新郎

結婚を控えたカップルにとっては、一生の思い出となる結婚式の舞台をどこに決めるのかという点は大きな問題となります。
結婚式場ごとに会場の雰囲気や料理などが異なるため、会場の選び方次第で招待客に与える印象も大きく変わってくるものです。
後悔のない結婚式とするためにはいろいろな注意点もありますが、現在では多くの結婚式場やホテルで会場の雰囲気を実際に体験できるブライダルフェアを開催しています。
ブライダルフェアに参加することによって招待客の視点から会場をチェックすることができますので、結婚式場を選ぶのに最も具体的な情報を与えてくれるのです。
ブライダルフェアに参加する際の注意点としては、予約なしに当日会場を訪れるだけでは体験できないフェアの内容があるという点です。
結婚式場やホテルによってはブライダルフェアの参加に必ず予約が必要な場合もありますので、電話や直接訪問等によって事前に予約するといいでしょう。
最近ではインターネットでブライダルフェアの予約を受け付けている会場も多く、式場紹介サイトでは複数の会場を希望条件で検索できます。
そうしたサイトを利用すればパソコンやスマートフォンからブライダルフェア参加を手軽に予約できる上に、商品券プレゼントなどの特典が利用できる場合もあるものです。
ブライダルフェアで体験できる内容は会場によって異なりますが、模擬挙式や模擬披露宴・衣裳の試着などは多くの会場が実施しています。
特に人気を集めている試食会は必ずしも無料で利用できるわけでないという注意点はありますが、有料の場合でもフルコースの料理が格安で味わえるものです。
ブライダルフェアは結婚式の実施方法で迷っている人も参加しているため、会場内で相談会も多く実施されています。
予約に関する注意点さえ心得ておけば、模擬披露宴や試食会などを通して楽しみながら実際の結婚式について具体的に思い描くことができるのです。

事前の準備が大切

お花

ブライダルフェアに参加する前の注意点としては、招待客の人数の把握とやりたい余興の確認と挙げたい挙式スタイルの確認です。そして参加している時の注意点は見積もりの細かい確認です。このようなことに参加する際に気を付ける必要があるでしょう。

もっと読む

挙式イベントでのマナー

新郎

当日の服装は、ブライダルフェアに参加する時の注意点となります。ラフすぎる服装を避け、会場で居心地の悪い思いをしないようなスタイルを心がけることが必要です。女性は、試着にも臨機応変に対応出来る服装を選びましょう。

もっと読む

慎重に結婚式場を選ぼう

新郎新婦

ブライダルフェアに行って式場を選ぶ際に、最も大きな注意点としては、その場の雰囲気や当日限定の割引などにつられその場で契約してしまうことです。非常に大きな買い物でもあるため、一度持ち帰ってその料金を仔細に検討する必要があると言えます。

もっと読む